リバティプリント好きが高じて、買うより作った方がお得だ!と洋裁を始めた初心者です。札幌に住んでいます。
by saltello
カテゴリ
全体
ちくちくお手製
生地
リバティプリントの既製品
洋裁の本
アクセサリー・小物

リバティ以外の洋服
オーダーメイド
旅行・お出かけ
その他・日常・つぶやき
息子の物
未分類
タグ
(216)
(158)
(99)
買ったもの&気になるもの


















以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
ミレファ・ソラシド
みん時間 ~min`s ...
fafaccioのHok...
antie Meruku...
a Ferris wheel
moss* ~ from...
Hajouter bel...
ひのこと
ネコとリネン
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
2010SS リバティKatie'sケイティース
2月10日に発売されたホビーラホビーレオリジナルのケイティースです。


b0131795_1402780.jpg
ケイティースは柄がとても可愛いと思ったのだけど、
国産&輸入の展開色はちょっと似合わないので購入を見合わせてました。

こちらのHHオリジナルカラーは、白い花が浮き上がる感じが気に入りました。
予想以上に可愛らしくて、これで下のシャツワンピースを作りたい!
という気分がムクムクと・・・。
しかし予約時点ではブラウスかキャミソールを作ろうと思ってたので、
1mしか予約していなかったので今更遅し・・・。
ケチケチ最低限しか予約してなかった・・・。

伊藤まさこさんはご自身の著書の中で
「とりあえず3m購入しておく。
そうすればワンピースでも何でもある程度は作れるから。」
といった内容を書かれていますが、私もそうしてみたいもんです。

[PR]
by saltello | 2010-02-28 13:58
ニセコにドライブがてら温泉に行ってきたよ@雪秩父
四回目の冬にして初めて自家用車がある我が家。
雪道超初心者ですが、数日異常な程暖かく、路面が乾いていたので
ニセコへドライブに出かけました。
b0131795_1995546.jpg

[PR]
by saltello | 2010-02-27 19:07 | 旅行・お出かけ
2008 AWホビーラホビーレオリジナルのbestyでスタンドカラーのワンピースを作りました
今日は異例の暖かさでした。
2月なのに10℃近くまで上がったようです。

おかげで道路に何層にも重なった雪が溶けてぐちゃぐちゃ・・・。
長靴じゃないとお手上げです。

しかし暖かいのは今日、明日までで明後日の最高気温は0℃みたい・・・。
北国の冬はとーにーかーくー長い!
関東人の肌感覚で言えば、一年の半分は確実に冬です。
はぁ〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、2008年の秋冬に発売されたbestyを使ってワンピースを作りました。

b0131795_1691439.jpg
この色はホビーラホビーレのオリジナルで普通のBestyよりも柄自体も小さめです。
この生地は取り合えず2m購入したのはいいものの
何を作るか全く思い浮かばず、お蔵入りになりつつありました。

そんな時、手にした芽木真知子さんの「私の好きなシャツスタイル」の中にあった
P15のJ・スタンドカラーワンピースに一目惚れ。
これだ!と思って本を買ったのはいいけど、
実物大パターンを写すのが面倒で放置してました。
それに以前、芽木真知子さんの本でブラウスを作った時に、
微妙に大きい仕上がりとなった事もあったので
このワンピースも大きかったら嫌だなぁという不安もありました。
(別布で試作すればいいんでしょうけど。。。)

そんな時に毎度おなじみのfilerのパターンを覗いたところ、
とても似ている型紙を発見したので
それ~!と そっちに飛びつきました。

フリルワンピース レディース型紙
b0131795_1633662.jpg
フリルワンピースという名称だけど、ご覧の通りフリルは無しにしました。

まずウエストを絞らない状態で着て夫に感想を求めました。
「可愛いけど、ずどーんとした感じ。」

確かにこれもアリだけど、私には余り似合わないかも、と納得。

b0131795_1758325.jpg
ウエスト部分に紐ループを付けたので、
そこに共布紐を通してちょっと絞ってみました。
夫曰く「大人っぽい。」
そして「ちょっと古くさい。」

ええ〜っ!?なんですと?何で古くさいの?!
と聞いたら、懐かしい感じだとか・・・。
昭和の古き良きお嬢さん系って事?
b0131795_17584555.jpg
袖先はボタン無しの指示です。
このように折り返す事も出来ます。
b0131795_1851090.jpg
あれこれとボタンを閉めたり、開けてみたりした結果、
このように着崩すのが一番私らしいという事になりました。


かなり気に入った仕上がりになったのですが、ボタンを全部閉めて着ると
胸がちょっと窮屈で、その上のボタンとの間がつれた感じになるのです。
(ボタンを二つ外して着ると目立たないけど。)

胸部分だけの補正なんて出来ないので私なりに考えた結果、
一番長いピンタックは胸のトップまであるけど
それら各ピンタックの長さを1.5cm位ずつ短くするのはどうだろう。
もう少し生地に余裕が出るんじゃないかなと思うので
次はそうしてみたいと思います。

でも、ワンピースってラクチン!
コーディネートも考えず一枚で完了と言うのは楽〜!

早くこれ一枚で着れる季節にならないかなぁ。
こっちじゃ6月中旬まで無理だろうけど・・・。
って、あと4ヶ月も先の事なの!? もうやだー!ぐす。

[PR]
by saltello | 2010-02-25 16:07 | ちくちくお手製
t.yamai parisのリバティプリントスカート
二年前に洋裁を始めてからというもの、
おかげさまでリバティプリントを使った既製品を買った事がないのですが
昨日、購入してしまいました。


b0131795_118015.jpg

t.yamai parisのスカートです。
品質タグにshipsの文字があったのでshipsの別注でしょうか。

でも購入したのはリサイクルショップです。
お店は町の中心にあり、お洒落好きの若い子がバンバン持ち込むと見えて
商品の回転も早いし、有名ショップの服ばかりがほとんどで見ていて面白い。
掘り出し物も結構あるので、近くに行った際はついつい覗いてしまいます。

昨日は、この柄が目に飛び込んできた時
ビビッと稲妻に打たれたようなショックを受けました。(大げさな)
というのもこの柄、この色のリバティを探していたから。
発売された時に買おうか迷っているうちに完売しちゃった柄です。
まだ当時はミシンも持っていなかったという事も買わなかった理由だけど
ちょっとインパクトが強過ぎるかなぁと躊躇った事も事実です。

でも今回は運命の再開なので、試着もせずに購入しました。
形はラップスカートでした。

布としてかなりの用尺が手に入ったから、
これでシャーリングキャミソールを作ろう!と思って帰宅したのですが
常識的に考えてウエストの幅分じゃ胸囲に足りるわけない!
胸に巻くのですらキッチキチでシャーリングどころじゃなかった・・・。

ギャザーのボリュームもあるし、柄もインパクトがあるので
本来のスカートとして履くと強烈かなぁと思ったけど
(手に取った時の第一印象は「ダンス用スカート」)
履いてみたらそうでもなかったので、今年はまずスカートとして履こうかな。

ちなみに値段は3300円でした。
汚れや染みなんかも勿論無かったし、掘り出し物にホクホクです。
b0131795_11445552.jpg
手持ち服は何があうかな・・・。
上に色を持ってくるとカーニバルのようになりそうで
無難な焦げ茶位しか思い浮かびません。(黒は顔が負けるので・・・)

あ!掘り出し物といえばもう一つ。
この写真のカーディガンはIENAので、成型ニットとかいうらしく
定番商品として毎シーズン数色展開で出る商品なのです。
この手持ちの茶色は秋先に購入したものだけど、
昨日公式サイトのセールを覗いたら
同じ茶色のノースリーブが何と70%オフになってた!
9975円が2993円!もちろん購入しましたよ。
早く届かないかな〜。

というわけで昨日の買い物運は◎でした!
日曜日の分は取り戻したぜ!


そしてもし、この柄の名前がお解りの方がいらっしゃいましたら、
是非教えてください。

[PR]
by saltello | 2010-02-23 11:06 | リバティプリントの既製品
ショックだったこと
まず始めにお断りしておきます。
すんごくクダラナイ内容です。


それでも読む!
[PR]
by saltello | 2010-02-21 11:59 | その他・日常・つぶやき
リバティ 元・国産定番柄 Iago(イアーゴ)
この柄を初めて見た時、まだミシンも持っておらず
洋裁をする予定も無いのに、絶対にこの生地を買わなくちゃ!と興奮しました。

ひよこ色というんでしょうか、
ぽやっと穏やかで明るい黄色のカーディガンを羽織って、
春の明るい陽射しの中、着たい!と思いました。
もう脳内イメージは春のキラキラした光の中で
四割増し可愛くなったワタクシでいっぱい。(呆)


b0131795_13254394.jpg


そこまでイメージ出来た程なのに、購入したのはそれから数年後のつい最近です。
ずーっと国産定番だったので、いつでも手に入ると思っていたのもあり
つい限定柄に手が伸びてしまい、買わずにいました。

久しぶりにチェックしたら、何と廃盤になっちゃったではないですか!
すっごく驚いた!これはマズイとようやく購入に至りました。

モーブ系のシックな色違いにも魅かれたのですが、
初志貫徹(?)でコチラにしました。
黄色、茶色、オレンジ、黄緑、緑系は私の得意分野でもありますし。。。。


柄の名前はIago(イアーゴ)です。
イアーゴというとシェイクスピアのオセロの悪役しか思いつかないのだけど、
何でこういう名前なのかな?

さてさて、ノースリーブのワンピースを作る予定です。

[PR]
by saltello | 2010-02-20 14:17 | 生地
リバティThorpeでベアトップ
大胆不敵にもベアトップなんてものを作ってしまいました。
20代の頃は、ベアトップを着ていた事もありますが
30代になってからはさすがに自重しておりました。
(あ、でも海で着たなぁ。)


b0131795_11502142.jpg
作るきっかけはゴムカタン糸でシャーリングに挑戦してみたいと思い、
余り布をゴソゴソしたところ、この生地を発見。
以前、filerのフリルシャツを作った残りです。
そのシャツブラウスはコチラです。

輸入もののリバティなので幅が135cmです。
丈分として47cm確保出来たので、そのまま後ろ中心で縫い合わせ筒状に。

また、かねてから巻きロックにも挑戦してみたかったので
ウーリー糸を購入し、裾と上部分を変形巻きロック処理しました。
巻きロック処理って思っていたより全然簡単だった!
裾上げなどのアイロン処理がいらないからかえってラクチンかも。

お次はいよいよシャーリング。
水平釜ボビンはゴムカタン糸は難しいという意見を
チラホラとネットで見かけたものあり、
無理矢理やってミシンが壊れるのが一番困るので、
事前にミシン購入店にメールで聞いてみたところ
以下の回答を頂きました。

「水平釜の家庭用ミシンにつきまして
下糸調子の調節ができないため、
ゴムシャーリングの際に
下糸の調子が問題なく取れるようであれば可能です。」

おぉ〜ぅ。。。。
下糸の調子が問題なく出来るかは、やってみないと判らないって事ね・・・。


さて、シャーリングは結果から言うと、出来ました。
キコキコと縫ってる最中、ちょっと不気味な音がしたけど、問題なし。
針目は粗くとあったので3.5でやってみました。

シャーリングが載っている本を探したら、
伊藤まさこさんの「少女の服」の中にシャーリングワンピースがあって
それを見ると、前後それぞれ縫って
左右の脇でゴムを束ね一斉に引っ張るとあったのだけど
引っ張らなくても自然にギャザーが寄ったし、
それ以上細みにする必要もなかったので、ぐるっと胴回り一周を縫いました。
ちなみに幅は29cmになりました。
(覚え書き用:縫い始め、縫い終わりは返し縫いが良い。)

幅は1.5cm間隔です。
まず上から三段シャーリングした状態で着てみたら、
まんまギャザースカート被ってる人というか三角形&テントのようだった・・・。
イタタタタ・・・。
モッサモッサに笑うしかない・・。
エリオポール リバティ2wayキャミソール

これも参考にしたんだけどなぁ・・・。
どうやら私のほうがぎゅーっとゴムがキツイらしい。


とにかく身頃のボリュームを押さえないと危険過ぎるので
急遽、胸下にもギャザーを一本入れる事にしました。
再度試着してみると、先程よりはマシになったけれど
脇が浮輪状に膨らんでみっともなかったので
脇から後ろ身頃だけシャーリングを入れる事にしました。
(覚え書き用:始点と終点はブラのワイヤー外側辺り)
前もシャーリングを入れるか迷ったけれど、
キツくて苦しいのも困るのでやめておきました。

b0131795_135457.jpg
あと大量にリボンが余っているのでつけてみました。
(覚え書き用:脇と後ろに紐ループを作る→リボン)
肩ひもの形状、色によってはリボンがない方がいいかもしれない。

そして肩ひもを作る!つもりだったのですが、
ここで力尽きました・・・。
なかなかコレだ!というのが今は思い浮かばないので
とりあえずのベアトップです。

そのうちキャミソールに進化するかもしれません。

[PR]
by saltello | 2010-02-16 10:02 | ちくちくお手製
リバティプリントのムック本
何と来たる2月27日にリバティプリントのムック本が出るようです!
いよいよ来たか〜という感じですね。

b0131795_13594372.jpg
気になる付録はコチラ。
今シーズンの新柄エミリアスフラワースを使ったトートバッグです。
なかなか可愛いですね〜。



今までムック本は購入した事がないんですけど、
今回はどうしようか迷ってます。
しかし迷っているうちに楽天では予約が終了しちゃったようです。早い!
でも、ご安心を。 amazonではまだ予約受付中です。



            
[PR]
by saltello | 2010-02-15 00:49 | 洋裁の本
IENAのリバティプリントワンピースをリメイクしてみました
リメイクという程、大したことはしていないのですが
元は丈の長いワンピースだったのを、丈を詰めてブラウスにしました。


b0131795_14524379.jpg

このワンピースは5年前位にヤフオクで700円程度で手に入れたもの。
夏の寝巻きにするつもりで手に入れました。
ところが手に入れた後、引越す事になりました。
ここは真夏でも夜は窓を閉めないと肌寒い位です。
ノースリーブどころか半袖パジャマさえ必要ありません。

生地がリバティなので捨てるのは忍びなく、
かと言って着る機会もなく眠ったままでしたが、
丈を詰めてブラウスにする事を思いつきました。

最初、胸元には何もないごくごくシンプルなノースリーブだったのですが
着てみたら色が薄い事もあり、のっぺり&ぼんやりとした感じだったので
余り布でフリルをつけてみました。

というわけで、寝巻きからご近所着に進化しました。
b0131795_15285796.jpg
生地はエリジアンの黄色系です。
今では見かけないので廃盤色でしょうか。

[PR]
by saltello | 2010-02-14 15:11 | ちくちくお手製
MISTRALの石鹸
こちらの石鹸も下のワンピースと同じ店、 ANTHROPOLOGIEで買いました。

包装紙も可愛いし、何しろウットリしてしまう良い香りです。
お店にはもっと沢山の種類があって、選ぶのにとても苦労しました。
たくさん買っても良かったけれど、結構重いので二つだけで我慢しました。
b0131795_1450116.jpg





日本でも買えるのかなと調べたけど、残念ながら見つける事が出来ませんでした。
その代り、MISTRALのHPを発見しました。
コチラです。

実は購入後、Made in Franceという標記を見て、
何だ〜フランス製だなんて、フランスから輸入したものを
買ってきちゃったのかぁと思ったのだけどそれは違ったみたい。
フランス製だけどアメリカのブランドものだった。

この石鹸はフレンチソープという種類らしく何と30種類ちかくもあります!
期間限定の季節ものもあるみたい。

石鹸だけではなくフレグランス類もあります。
ANTHROPOLIGIEではやはり可愛いフレグランスやボディソープなどもあって
買おうかどうか迷ったけれど、やはり重いので諦めた品でした。
同じブランドだとは気づかなかったな。

旅行先では石鹸を買う事が多いです。
帰国後はしばーらくの間、勿体なくて使えないけど・・。
そうやって熟成させた後、お風呂で使うとまた旅の思い出に包まれて幸せになれます。

[PR]
by saltello | 2010-02-13 15:11 | その他・日常・つぶやき