リバティプリント好きが高じて、買うより作った方がお得だ!と洋裁を始めた初心者です。札幌に住んでいます。
by saltello
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ちくちくお手製
生地
リバティプリントの既製品
洋裁の本
アクセサリー・小物

リバティ以外の洋服
オーダーメイド
旅行・お出かけ
その他・日常・つぶやき
息子の物
未分類
タグ
(216)
(158)
(99)
買ったもの&気になるもの


















以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
お気に入りブログ
ミレファ・ソラシド
みん時間 ~min`s ...
fafaccioのHok...
antie Meruku...
a Ferris wheel
moss* ~ from...
Hajouter bel...
ひのこと
ネコとリネン
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
リバティ 2010AW Bozenka ボゼンカでラグランスリーブのチュニックを作りました

本州では残暑が厳しいようですが、ここ札幌も(札幌なりに)気温が高めです。
いつもなら最低気温がとっくに20℃を下回るはずなのですが、
未だに20℃台で推移しています。

それでも仰ぐ先にはうろこ雲。
少しずつ少しずつ夏は遠ざかっているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
今シーズンの柄であるBozenkaでブラウスを作りました。

b0131795_1439220.jpg


パターンは香田あおいさんの本「好きな布地で好きな服」より


P33のラグランスリーブのチュニックをブラウス丈にしました。

本のモデルさん着用写真では襟の開きが横に広めに開くものの、
縦には深くなく、鎖骨がきれいに見える印象でしたが・・・
ほぼ完成した時点で試着してびっくり!

7号サイズのはずが11号?13号?と思った位の
一回りどころか、二回り、三回り位大きい感じ。

私は肩幅がそれほど狭いわけでもなく、身長に対しては極普通だと思っているのですが
ブラ紐丸見え、かつ胸元も深くえぐれて、かつ弛んで、どうしようもない・・・。

仕方ないので、前身頃をたるみをつまむ形でタックを左右に一本ずつ増やし
それぞれのタックもつまむ幅(?)を増やしました。
後ろ身頃は中心部分はゴムを入れてギャザー幅が20cmの指定だったのですが
20cmだとガバガバなので 約10cmへと半分に減らし・・・
と絞って絞って 何とか着られる状態へとしました。

ですので、もしこちらを作られる方がいましたら
絶対に試作布でサイズ感を見た上で取りかかった方が良いです。
サイズさえちゃんとしていれば、このブラウスは1日で出来るお手軽な物だったはずが
解体作業→再生行程のために何だか手間取ってしまいました。

着た感じは悪くはないけど、正直、C&Sのラナンキュラスのブラウスと余り変わらないです。
こちらは肩部分にギャザーは入っていなかったり、
襟ぐり布がなくて、前身頃に見返しがあるといった違いはありますが
系統としては似ています。

袖は、ギャザーで絞ってカフスを作ろうと思っていたのですが
解体ですっかり嫌になってしまい、とっとと終わらせたい!という一心で
指定通り、ゴムにしてしまいました。

もうこのパターンで作る事はないかな・・・と思っていたのですが
今、ぴったりのものが思い浮かびました。

割烹着です。ははは・・・

仕事から帰ってきて、着替えるのも面倒な時に
上からガパッと被るタイプの割烹着が欲しいなぁと思っていたのですが
(エプロンだと袖が汚れるので全身覆えるような物 希望)
この大きさが、冬などセーターを着ている上からでもピチピチにならずに良さそう!

このbozenka、ピンクがちょっと可愛過ぎるかなぁ、と思ってましたが
着ると顔色が良く見え、華やかな印象になるので気に入りました。
ちなみに、用尺は1m50cmでぴったりでした。




[PR]
by saltello | 2010-08-28 10:54 | ちくちくお手製
リバティ使いのタンクトップ LE ZEPHYR  Bon Vieux Temps
b0131795_21183433.jpg
いつ買ったのかも忘れたけど、一部リバティ使いのタンクトップです。
自分でニット生地を買って、好きなリバティを使って作る事も出来そうですね。
リバティも少量ですみますし・・・。

このLE ZEPHYR(ル ゼフィール)  Bon Vieux Temps (ボン ビュー タン)というブランドは
以前からリバティプリントを使った洋服をシーズン毎に出していて
特に リバティ×リバティ、柄違い同士を組み合わせた洋服が得意なようで
毎シーズン、自分では思いも寄らない柄同士の組み合わせは目から鱗です。







[PR]
by saltello | 2010-08-26 00:17 | リバティプリントの既製品
ウニ丼食べに、増毛のすが宗へ
b0131795_19425693.jpg

[PR]
by saltello | 2010-08-21 19:42 | 旅行・お出かけ
リバティRydia Rose でギャザーネックパフチュニックを作りました
CHECK&STRIPEで予約購入したリディアローズで
ギャザーネックパフチュニックを作りました。
b0131795_14281159.jpg

半袖のパフ系は可愛過ぎると思い、パフにせずに仮縫い&試着したのですが
袖が広がった状態だと何だか肩幅が広く、
おまけに二の腕も一層太く見える気がして、指示通りパフ袖にしました。
(ゴムが袖口を一周しているのではなく、脇下はゴムなしです。)

この生地でブラウスを作るつもりが、1.3mしか予約しておらず
生地が届いた時に、何故1.3mしか予約しなかったのか??と理解に苦しんだのですが
何とか気に入った形で仕上がって良かったです。

パターンはチュニック丈ですが、ブラウス丈に直して1.3mでピッタリでした。

b0131795_14292837.jpg

襟首&胸元に一回りさせたリボンは生地によって
共布ではなく、別色のリボンでも可愛いかもしれません。
[PR]
by saltello | 2010-08-16 12:43 | ちくちくお手製
リバティ Cordelia コーデリアでノースリーブワンピース
お盆過ぎには、夏が一段落してしまうので
何とか着れるうちに!!!と滑り込みでノースリーブワンピースを完成させました。


b0131795_12504391.jpg
胸元が深くあいているので、キャミソール必須です。

夏は汗をかいたら自宅でザバザバ洗えるリバティが一番ですね。
b0131795_12534236.jpg

このサンダルをあわせたいなーと思って作りました。

ノースリーブもサンダルも短い夏のひとときを盛り上げてくれるアイテムです。
あと何回着れるかなぁ〜。
[PR]
by saltello | 2010-08-12 10:26 | ちくちくお手製
リバティプリント2010AW Bozenka ボゼンカ
このところの札幌はなかなか暑いのです。
保温性、機密性に優れた北国仕様の家屋は、熱がこもりやすいのか
我が家でも数年ぶりにクーラーが活躍しています。

先日も「25年ぶりの熱帯夜・まるでここは本州か?!」みたいなニュースを見ましたが、
連日、うだるような熱帯夜が続く本州から来た私にすれば
25年間の間一度も熱帯夜が無かったという事の方が驚きです。

b0131795_049790.jpg
2010 秋冬の新柄 Bozenkaです。
このBozenkaってどういう意味なんでしょう?

なんか縁起でもないような名前しか思い浮かばなくて、
(柄の中に菊の花も描かれているし)
しばし買うのを躊躇いました。
Bozenkaで調べてみたところ、セクシー&ビューティフルなベリーダンサーがヒットして
そこには「“神が触れた”という意味を持つBozenka。」とプロフィールにありました・・・
[PR]
by saltello | 2010-08-10 00:00 | 生地
Liberty Art Fabrics  Autumn Winter 2010
リバティジャパンのHPを見たら、2010の秋冬シーズンの生地がアップされていました。
今シーズンのテーマは「KA CHOU FUU GETZU」
なんの事やらですが、花鳥風月がテーマだそうです。

外国人から見た日本という事で、
どんな風に表現されるのか興味津々でしたが
・浮世絵
・都市と室町・戦国時代の美術
・日本庭園
・着物ブルー
・マンガ
というテーマを取り上げ、その中で使われている色合いに着目しただけあって
秋冬シーズンという事もあるのでしょうが、全体的に渋めだと思いました。

またKeiko,Hanako,Isamu,Takashiなど日本人名がついている柄もあって
ご自分のお名前柄があった方が羨ましいです!
[PR]
by saltello | 2010-08-08 16:50
アイロンとアイロン台を新調しました
先日、3m購入したリバティのYoshieを地直ししていたら突然、アイロンが息絶えました・・・。
電源を抜き差ししてみたり、振ってみたり(原始的な対処法だ)したけど
二度と甦る事はなく、残り1.5mの生地を前にして途方にくれました。

洋裁を始める前に買った三洋のアイロン。
それ程 機能に拘らず、適度な重さと3000円程度の安さに魅かれて買った製品だったけど
なかなか使い勝手も良く、充分に役目を果たしてくれました。ありがとう。

さて、新しいアイロンを買おう!とまずはwebでチェックしたけど色々あるんですねぇ。
何が何だか判らなかったけど数々を見ているうちに自分の希望が固まってきました。

・コードレスの便利さに最初は魅かれたけど、地直しなどの時にパワーが落ちると困るので拘らない。
・パステル系の色使いは嫌だ。
・温度調節が弱・中・強の三種類だけではなく、ダイヤル式で温度設定が出来るものが良い。
・スチームのパワーは有るほうが良いけど、それ程重視しない。
・自動電源オフ機能があるもの。

ティファールとパナソニックで迷った末に、パナソニックスチームアイロン NI-W550 にしました。
b0131795_15381966.jpg
特徴的な葉っぱ型の形状はWヘッドベースというらしい。
なにこれ?と思ったけど、これがなかなか使えます。
通常のアイロンの形だと基本的に先端方向にしか進めないけど
これは後ろに戻してもひっかかる事なく、全方向に動かす事ができるんです。

ドイツ「iFプロダクトデザイン賞2010」を受賞したそうです。
コード付きですが、コードの根元が立っているので、邪魔になりにくい。

ついでにアイロン台も新調しました。
今までは使っていたのは、ホームセンターで買った小さいアイロン台でした。
小さいので110cm幅の生地の場合、三回横にずらさないとかける事が出来ず
それが面倒で面倒で、せっかく生地を買ってもなかなか水通しせず後回しにするのが常でした。

また床の上で座ってかける高さのアイロン台だったので、アイロンをかけてもすぐに床に着いてしまい
再度 皺になったりと何だかなぁ〜・・・って感じでした。

外国みたいに、立ったままかける事が出来るアイロン台にしよう♪と
探し始めましたが、アイロン台っていいのは高いんですねぇー。

ホームセンターで買った1000円位のアイロン台を使っていた私だったので、
1万円後半、2万円台などのアイロン台を見て目の玉が飛び出るほど驚きました。
原価は大した事がなさそうだし、職人が一つ一つ手作りって品でもないだろうに
こんなに高いとは・・・と驚いて、再びホームセンターのアイロン台でいいや・・と弱気になりました。

とりあえず手頃な値段の無印のアイロン台を見つけて店頭にチェックしに行ったけど
本当に大丈夫なの?って不安になる位、ぐらぐら・・・。

スタンド式の場合、値段と安定性は比例するのかもと思い、
1万円前後なら買っても良いと覚悟を決めました。

ワイシャツはクリーニング店に出すので人体型アイロン台は必要なし、
アイロンカバーが汚れたら、手頃な値段でいつでも買い替える事が出来る、
ぐらぐらしない
という事でロレッツとブラバンシアに絞り込みました。

結局ブラバンシアは18000円近くもするので、そこまでの値段は出せないというお財布事情と
使用時はロレッツよりもコンパクトなサイズなのに、畳んで収納する時にはロレッツよりも長い上に、
厚さも二倍ちかいという点が気に入らずロレッツのアイロン台に決めました。



さて、ようやく本日、新しいアイロン&新しいアイロン台が揃ったので
早速水通しした生地をアイロンしてみましたがラクチン!!
アイロンのボード面が約110cm近くと長いので、今までのように何度も横にずらす事もなく
あっという間に掛け終わりました。今までの苦労は何だったんだ・・・っていう位。

安定性もあるし、アイロン置きに1.4kgのアイロンを置いてもしならない。
高さも●段階ではなく、自分の好みの高さに楽々調節が出来るところも気に入りました。

私はアイロン掛けが家事の中でも一、二位を争う位嫌いなのですが
(なので、ワイシャツもクリーニング店任せです)
お気に入りの道具を揃えた事で、何とか乗りきれそうです!
[PR]
by saltello | 2010-08-07 16:41 | 旅行・お出かけ
リバティプリント2010・Mid Summer・ウォルデン
この秋の柄の中で一番気に入ったのが、こちらの柄です。
b0131795_21343323.jpg
柄そのものよりも、この色合いが気に入りました。
でも人気ないんですね。いまだにホビーラホビーレの在庫があるようです・・・。
私は一言では言い表せないような微妙な色使いが好きで
特に、花の色に使われているベージュ系の色(グレージュとも言うようです)が好きなので
この色使いはたまらんです。
[PR]
by saltello | 2010-08-03 21:39 | 生地