リバティプリント好きが高じて、買うより作った方がお得だ!と洋裁を始めた初心者です。札幌に住んでいます。
by saltello
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちくちくお手製
生地
リバティプリントの既製品
洋裁の本
アクセサリー・小物

リバティ以外の洋服
オーダーメイド
旅行・お出かけ
その他・日常・つぶやき
息子の物
未分類
タグ
(216)
(158)
(99)
買ったもの&気になるもの


















以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
ミレファ・ソラシド
みん時間 ~min`s ...
fafaccioのHok...
antie Meruku...
a Ferris wheel
moss* ~ from...
Hajouter bel...
ひのこと
ネコとリネン
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Er ist's
「Er ist's 」

直訳すると「彼だ」。
彼っていったい誰の事でしょう?

遠い北の大地にも、ようやくいらしたのですから
きっと皆様のところにもお見えになっているでしょう。

b0131795_12311271.jpg
春です。

三日前には一つの蕾が黄色く色付いたかと思ったら
二日目には10個近くも色付いて
とうとう全ての蕾が色付きました。
b0131795_12322643.jpg

気の早いこちらのクロッカスは、一人で抜けがけ中。

日当たりの良い所にあるこちらのお宅のクロッカスは
どこよりも早く、クロッカスが色付くのです。
毎年、何よりも楽しみにしているのは、私だけではないはず。
b0131795_12354123.jpg

クロッカスの向かいには、しぶとい雪山がまだ残っていますが
マンホールへと雪解け水が絶え間なく流れ込む音を聞くと
刻々と融けているのが判ります。

それに最盛期は軽く2mは超えていましたからね、この雪山は。
その時に比べると随分少なくなったものです。

b0131795_1240378.jpg

ふきのとうもポコポコ生育中。
b0131795_1240355.jpg

こっちに来るまでは、ふきのとうなんてスーパーの山菜コーナーで
萎れかけたフキノトウがひとつ、ご大層にパックに梱包されて売っているのしか
見たことがなかったので、この生え方には本当に驚きました。
最初は誰か育てているのか?と思った位です。

タイトルの Er ist's は詩人メーリケの詩です。

Er ist's

Frühling läßt sein blaues Band
Wieder flattern durch die Lüfte;
Süße,wohlbekannte Düfte
Streifen ahnungsvoll das Land.
Veilchen träumen schon,
Wollen balde kommen.
- Horch,von fern ein leiser Harfenton!
Frühling,ja du bist's!
Dich hab ich vernommen!

春が青いリボンを
再び空にはためかせると
甘く 懐かしい香りが
予感に満ちて大地を撫でる
菫はもう夢見ている
まもなく花開く事を
お聞き 遠くに聞こえるハープの音色を
春だ!そう、君だ!
君の訪れを、私は聞いたのだ

卒業して以来のドイツ語ですが・・・(汗)
こんな感じでしょうか。
(もっと上手い訳が山ほどあるでしょうが、すみません)
題が Frühling (春)としていないところに
詩人の意図があるんではないかと思いますが
訳しにくいので邦題では 春だ みたいな感じで知られています。

この詩に シューマンとヴォルフ(Hugo Wolf )がそれぞれ歌を作っています。
シューマンのEr ist's の方が、優しくロマンチックで
ちょっと霞がかった感といい日本の春の訪れって感じでしょうか。

それに対して、ヴォルフのEr ist'sは北国の春そのものだと思います。
青いリボンがひらひらさせながら、大気の彼方からやってくる
期待と予感に満ちた出だしの部分と
春だ!という確信を得た部分の喜びを爆発させたような部分
これは、ホントに北海道の春にピッタリなのです。
こっちに来て初めてこのヴォルフのEr ist'sを体感しました。

未だ雪が降って何だか冬に戻ったりと揺れ動いていますが、
あと一ヶ月もすれば、桜に梅に水仙にチューリップに・・・
と春の花が我先にと一斉に咲き出す様をSpring Flushと言うそうですが
まさに札幌はこれなのです。
(札幌市の観光HPにもこの様子が載ってます。
コチラです。


こちらがシューマンのEr ist's


こちらがヴォルフのEr ist's

どちらの方がお好みですか?
[PR]
by saltello | 2011-03-30 12:17 | 旅行・お出かけ
 Douglas Stripeダグラスストライプでクルールのドロストリングチュニックを作りました
札幌は今年初の10℃超えとなり、暖かい一日でした。

道路の脇や塀に沿うようにして雪の塊はまだ残っていますが
完全にといって良い程、歩く範囲からは雪が消えました。

ぬかるんだ道もすっかり無くなり、長靴の出番は終わりました。
ようやく「普通の」靴が履けます。
足が軽くなりました。

洋裁も再開すると言いつつ、全く進んでいませんが
無理をせず、一針一針気長に作る事にします。

--------------------------------------------
しばらく前に完成していた2011SSの生地、ダグラスストライプで作った
クルールのドロストリングチュニックをアップします。
b0131795_1236101.jpg

試作品はこちら

試作品から変更点が幾つか・・・
・丈をチュニックからワンピ丈にした。
・袖口をバイヤス処理から巻きロックに。
・胸元のゴムは二列だが、一列に(試作品と同様)
・胸元のリボンは外した。
・襟〜胸元にパイピングを挟んだ。

b0131795_1342146.jpg

この色のダグラスストライプが一番自分にはしっくりして とても気に入っているのですが
何となく全体的に沈むような気がしたので、柄の中の一色を取ってアクセントにしてみました。
b0131795_14225174.jpg
真夏にと思っていましたが 下にタートルなど着ると春先から着れますね。
[PR]
by saltello | 2011-03-29 23:37 | ちくちくお手製
国産定番柄リバティ Thorpeトープ 茶系
国産の定番柄から輸入柄、そして季節毎の限定柄
様々なリバティがありますが、皆様、それぞれ一番のお気に入りという柄があると思います。
(あり過ぎて決められない?)

私の一番好きな柄はこれです。
b0131795_1716988.jpg

Thorpeです。

昔から好きなのです。6年前にベトナムのハノイに行った時、
ベトナムはオーダーメイドが盛んで1000円位の工賃で出来るというので
悩みに悩んで選んで買って持っていった生地がこの色柄のThorpeです。
一時期廃盤になってしまいガッカリしていましたが、気づいたら復刻していました。
b0131795_17265226.jpg

ハノイで作った品は、このホルターネックなのですが、背中の開きも大きく
季節問わず着れる品ではなかったので、春から秋まで長く着られるものがいいなぁと思い
新たに生地を手に入れて、ワンピースを作る事にしました。

届いて気づいたのですが、色が僅かに違うようです。
b0131795_17301283.jpg

向かって右が6年前の色、左が今回購入した色。

何度も洗ったせいで、色落ちしたのかなぁと思いましたが、違うようです。
それというのもホルターネックブラウスには脇にファスナーがついているのですが、
レモンクリームのような淡い黄色のファスナーなのです。
b0131795_1822532.jpg

ちなみにコレで、受け取った時に可愛い色で ぴったりだなぁと思った記憶があります。
でも今回の新しい生地に このファスナーは合いません。
合わせるなら もうちょっとオレンジがかった色でしょう。

どうやら以前よりもやや落ち着いたトーンになったようです。
オレンジ〜茶の色だしが以前よりも強い気がします。
残念ながら以前の色の方がより好みに近いのですが、
今の色合いになっても、私の中でのナンバーワンに違いはありません。

皆様のナンバーワンは何ですか?

-----------------------

洋裁をそろそろ再開しようと思い、
一番好きな柄を手にしてみました。
裁断が余り好きではない事もあり、本当に休み休みです。
完成まで普段の5倍は時間がかかりそうです・・。

[PR]
by saltello | 2011-03-26 17:36 | 生地
花を買いに
花を買うと言いつつも、仕事が終わるのが遅くて買えなかったので
今日、近所の花屋さんでようやく買ってきました。
b0131795_1819415.jpg
西区民なら皆、知っているはずの花屋「花時計」
(この写真は2009年3月)
いつ通っても花を求める人で賑わっています。

今日は雪が降りやまない札幌でしたが、ここだけ春に満ちていました。

いつもならこの写真のように所狭しと花がいっぱい並んでいるはずなのですが
ぽっかり空いた空間もあり・・・震災の影響を感じました。
しかし、お値段は高騰しておらず(チューリップ2本で150円、
香り水仙が150円、といった感じでした)相変わらず良心的な値段の店。


b0131795_1864326.jpg
b0131795_1811095.jpg

ぱっと明るくなるような黄色い花がいいなぁと思ったので、
フリージアを中心に香り水仙、菜の花、などを選んでみました。
それとは別に、一抱えもあるボリュームたっぷりのミモザ(450円)も買いました。

帰り道、フキノトウ大量発生地をチェックしに行ったら、フキノトウが幾つも芽吹いていました。
今年のフキノトウも豊作のようです。
[PR]
by saltello | 2011-03-25 18:07 | その他・日常・つぶやき
CHECK&STRIPEの12月分の予約が届きました @ウールガーゼジャージ
b0131795_16231692.jpg
先週の半ばだったでしょうか、
CHECK&STRIPEの12月分の予約が届きました。

予約商品の常で、到着予定の時期をすっかり忘れていたので、
最初受け取った時は、なんでまた・・・こんな時に・・・と
と思いましたが 商品に罪はありません。

さてこの生地ですが、私的には超ヒット!!です。
何がかって、今の時期はクルクルにストールとして利用できます。
そして肌寒い時期は巻かずに 羽織る事が出来ます。
特に北海道と言えば、ビアガーデンでビールをあおりながらも
実は夜風が肌寒い7月 8月の夜(熱帯夜とは無縁ですから)に重宝しそうです。
カーディガンよりも気軽にまとえて、皺にもならず 無造作に持ち運べるという点が気に入りました。

特に手前のグレーベージュがいいです。
黒!のように何色と固定しないおかげか
合わせる色系統によってカメレオンのようにすっと馴染んでくれます。

用尺は145cm幅で1m購入していました。
端処理が不要なので 買ったそのままで使えるのが一番の利点です!

そして ブログについて
[PR]
by saltello | 2011-03-23 23:05 | アクセサリー・小物
気づいたら・・・

気づいたら道路には雪がほとんど無くなっていました。
未だ雪が頑固に踏みとどまっているのは、車が余り通らない、日当たりの悪い道位です。

数ヶ月に渡って降り積もり、踏み固められてきた分厚い雪の層(根雪と呼びます)ですから、
ぱっと一晩で溶ける訳はないのです。
この一週間、そんなに暖かかったのかと振り返りましたが、全く思い出せません。
被災地の天候はニュースと共に思い出せますが、札幌はどうだったのでしょう。
一体、いつからこんなに融けていたのでしょう。

札幌の春は雪が緩む事から始まります。
歩くとキシキシ鳴っていた足元の雪が、ザクザク、ズブズブとした水分を含んだ重い音になります。
屋根の上に積もっていた座布団のような雪も日に日に薄くなり
ポタポタと至るところで音がし始めます。

こんなに雪が少なくなった、
こんなにアスファルトが幅を効かせてきた
だいぶ融けたと思ったのに、又、雪が降って積もってしまっただの
趣味は道路の路面観察です、と言える気がする程、
例年のこの時期の私は道路状況に一喜一憂していたのに、
今年は、全く目に入っていませんでした。

気づいたら春の気配が間近に迫っていました。
あともうちょっとでその裾を掴めそうです。
b0131795_22194949.jpg
毎年楽しみにしている御宅のクロッカスもいつのまにか芽が出ていました。
これも毎年、クロッカスの新芽日をチェックしている程、楽しみにしているのですが
今年はいつが新芽日だったのか、見逃したようです。

帰宅して空気を入れ替えて、ウールのブランケットやクッションカバーを剥ぎ取って
春のコットンファブリックに衣替えしました。

明日は花を買って飾ろうと思います。
[PR]
by saltello | 2011-03-22 22:24 | その他・日常・つぶやき
札幌は平穏です

札幌はほとんどと言って良い程、地震の影響を受けていません。
計画停電も無縁ですし、物流の遅延はありましたが
食料が入ってこない、買い占めで物が消えたという事もほぼありません。
(月曜日、火曜日の時点では買い占め現象は見られませんでしたが
週半ばからは、首都圏のニュースに影響されたのか買い占めもあったようですが・・・)
福島原発の事も恐いとは思いつつも、距離が遠い事もあり
パニックにもならず、どこかのんびりとした感じです。
(もちろん個々は大変な事だと感じていると思います。)

先週の月曜日は、こんな非常時に出勤どころじゃない
心配で心配でニュースから目を離したくないと思いながらも
休む訳にはいかず出勤しました。ずーっとテレビを見続けていた週末だったので、
三日ぶりの外の世界でしたが、ごく普通の日常が展開されており、非常に強い違和感を覚えました。

金曜日に地震が起きた直後、本当は業務以外のサイトは見る事は禁じられているのですが
気象庁の地震速報と、MSNのニュースサイトをチェックしているのを上司が見て
「業務に関係のないページは見ないように。お遊びに思われてしまうよ。」
みたいな事を言われ、この非常事態にお遊びで見ていると?!
私の肉親全員が関東にいる事を知っている癖に!!と
頭が真っ白になる位、腹が立った経緯があったので
月曜日に会社に出勤する事がとても憂鬱でした。

出勤しても、とにかくニュースが気になって、こうしている間にも原発が悪化していないか・・・
大きな余震が起きてはいないだろうか・・・と暇さえあれば携帯でニュースをチェックしていましたが
それに比べると、道外出身のもう一人を除いた同僚達はのんびり構えているように見え、
それが又、悲しくて、腹ただしくて、思わず夫に
「こんなに私が心配で心配で仕事が手につかないというのに、周りは皆、平然としている。
なんで皆、震災なんて無かったみたいな顔をしているんだろう。」
とメールしたところ
「仕事だから知ってても、何も出来ないんだと思うよ。納得できないかもしれないけど。
でも今、あなたがプロとしてできる事が仕事であれば、それを全うしようよ。」
なんてツラ〜とした返事が来て、
そんな事、わざわざ、言われなくたって、仕事は、ちゃんと、やってます!!と
憤慨して泣いて、と今から思うと、かなり不安定な状態になっていました。。。

毎日、朝起きたら、私の眠っていた間に災害が起きていませんように・・・
と祈るような気分で恐々とテレビをつけてチェックしてから出勤、
仕事の合間にも、ドキドキしながら、こまめにニュースをチェックし、
帰宅後も真っ先にニュースをチェックして夜の二時頃まで見続けて泣いたりしているうちに
何だか食欲もやる気も失って・・・笑ったり暖かいお風呂に入る事などに罪悪感を覚えるようになりました。

しかし被災地以外の我々が、何もせず、ニュースを見て泣いて祈っているだけでは駄目なんだと
セルジオ越後さんのコラムすべての日本人へ「倒れた人の分まで走るのが、サッカーだ」を読んで思いました。
一週間経って、ようやく月曜日の夫のメールの内容も受け入れる事が出来るようになりました。

また気になるニュースがあります。
「北海道ブランド痛手 原発、円高 外国人観光客が激減 農産物輸出に影響も」
「道内観光被害1000億円 震災で宿泊激減へ」

北海道は積極的に海外からの観光客を誘致しています。
そのおかげもあって、雪まつりなどの会場はアジアからの観光客でいっぱいです。
札幌市内にはいっぱいホテルがあるのですが、そんなに泊まる人がいるのか?!と思うほど
続々と大手チェーンのホテルがオープンしていました。
札幌に限らず、先月の流氷観光船内も、夏の富良野のノロッコ号内も
日本語よりも中国語、韓国語のほうが通じるんじゃないか?と思う程です。

同僚は、北海道経済は拓銀が破綻して以来低迷していると言います。
拓銀破綻よりも山一証券の破綻の方が記憶に大きく、
いまいちピンと来なかったので以前調べたのですが拓銀破綻は1997年の事。
それから14年間も経ちますが、それが現実なのだそうです。

それは身近な問題として職探しの時に痛感しました。
北海道最大の都市である札幌ですが、求人数が少ないのです。
一般の事務はほとんど見つかりません。あったとしても750円とかです。
10数年前にもなる大学生時代のバイト代よりも低いとは。。。と愕然としました。
そしてリーマンショック以来、更に雇用状況は悪化しています。

被災地の方々からすると、北海道にいる私達は家もあり、家族も失っておらず
(函館の津波では一人お亡くなりになりましたが)
充分すぎる状態である事は違いありません。
しかし、北海道経済が沈没したら、被災地の方々への支援も出来ないのでは・・・
とそれも新たな心配事です。
大きな事は出来ませんが、こんな時だからこそ、働けるうちはコツコツ働いて、
買い占めもせず、買い控えもせず、
何が出来るかを問いながら 普通の生活を私は送ろうと思います。
[PR]
by saltello | 2011-03-19 17:53 | その他・日常・つぶやき
地震
私達夫婦を含め両親、妹、夫の家族は無事におります。
札幌の震度は大した事なく、室内の写真立てひとつも倒れずに、何一つそのままでした。

義母が茨城のひたちなかに一人で暮らしており
地震直後はメールで無事を確認できたのですが、
その後の停電、携帯の電池切れにより連絡がつかなくなっていました。
茨城も地震直後から水、電気、ガスとライフラインが断絶されていた状態で、
寒く真っ暗な中、一人でどうしているだろうかと心配していました。

日曜日に、両親が水や食料など買い込んで、車で義母宅まで様子を見に行ってくれました。
地震直後から停電、断水が続いていましたが、幸いにも水のストックもあり
その日のお昼頃、電気も復旧したようで命に別状がないという事も判りました。
電話も復旧したので、久しぶりに義母の声を聞く事も出来ました。

週末はずっとテレビから目を離せませんでした。
海外救援隊が到着したというニュースを見て
どうかどうか助けてくださいと泣きながら祈りました。
救援隊の頼もしい姿は、12年前の冬に、末の妹が突然亡くなった時に
現実が掴めずに泣く事しかできない私達一家の元へ
着の身着のままで駆けつけてくれた伯母の姿を思いだしました。
パンだのおにぎりだの食料を山ほど買ってパンパンになった袋を両手に下げて
やってきた伯母の姿は本当に頼もしく、一筋の光でした。
あの時の伯母のように、被災地の方々を一人でも多く御救下さい。

被災地の方々の想像を絶する哀しみが画面から伝わってくるせいなのか
現実のものとは思いたくないような光景のせいなのか
ようやく自分の中でも忘れかけていたものを思い出してしまったせいなのか
とにかくこの週末は何を見ても泣けて泣けて仕方ありませんでした。

今の私にはせめて募金をする事と、祈る事位しか出来ませんが
被災地の方々がこれ以上の被害にあわれることがないよう願うばかりです。


それからコメント頂いている方、ごめんなさい。
せっかくのコメント、個別にお返事しなくては・・・とずっと思っているのですが
どうもいつものようにコメントを返す事ができません・・・。
もうちょっと落ち着いたらお返事しますね。。。。
[PR]
by saltello | 2011-03-13 21:32 | その他・日常・つぶやき
伊藤まさこさんの春のちくちく手作りBOOK
今月のLEEに洋裁の付録がついてくるというので買ってみました。

b0131795_23483120.jpg
この表紙のシャツを見て「ちょっと丈が長いけど、シンプルで良さそう!」と思い
中を開いてみたのですが、どこにもこのシャツの作り方が載っていない。
えぇ?落丁?!と思いながら よーく見たのですが無いのです。

しかしそれもそのはず、どうやらこのシャツは既製品でこの中の主役は
b0131795_23501827.jpg

このコサージュ・・・・。まさかこっちが主役とは・・・。
気づいた時には騙された〜と思ってしまいました。

そして実物大パターン付きと思い込んでいたのですが、
製図しなくてはいけないのですね。
楽しみにしていたせいか、ちょっと肩透かしをくらった気分です。。。
[PR]
by saltello | 2011-03-11 00:43 | 洋裁の本
パリ「merci」が伊勢丹にオープン 200名のファンが列
MSNを見ていたら
「パリ「merci」が伊勢丹にオープン 200名のファンが列」
というニュースを発見しました。

昨日からだったのですね〜。
遠い国の出来事のように思えて、すっかり忘れていました。
ニュースで取り上げられるなんてスゴイ。

ニュースの中にはこうありました。
「なかでも開店と同時にファンの間で争奪戦になったのは、
「merci」とLIBERTY(リバティ)社とのコラボレーショントランク。
大小2型で春にぴったりのかわいらしい花柄のトランクで、小さいもので7,350円、
大きいもので8,400円で販売している。」

それにしても開店前から200名待ちとはスゴイですね。
一番乗りの方は、何時から並んでいたんでしょう??
まさか徹夜じゃないですよね??
[PR]
by saltello | 2011-03-10 19:33 | その他・日常・つぶやき